招待講演1

日時:3月1日(火) 13:00~14:00

講演者:西尾 章治郎先生(大阪大学 理事・副学長)

http://www-nishio.ist.osaka-u.ac.jp/~nishio/index-jp.html

題目:データベース研究と私

概要:データベースの研究を始めて31年間が経過しようとしております。その 開始のきっかけ、取り組んだ課題、その間の研究を通じての人との出会いなど をお話しします。

略歴:京都大学工学部卒業、京都大学大学院工学研究科博士後期課程修了。京都大学工学部助手、カナダ・ウォータールー大学客員研究助教授、大阪大学基礎工学部および情報処理教育センター助教授、工学部および大学院工学研究科教授を経て、2002年度より大学院情報科学研究科教授。2007年8月より理事・副学長。大阪大学サイバーメディアセンター長、大学院情報科学研究科長、文部科学省研究振興局科学官などを歴任。データベース、マルチメディアシステムの研究に従事。電子情報通信学会業績賞、船井情報科学振興賞、4学会(電子情報通信学会、情報処理学会、人工知能学会、日本データベース学会)からの論文賞などを受賞。日本学術会議会員。


招待講演2

日時:3月1日(火) 10:30~11:45

講演者:Cyrus Shahabi教授(University of Southern California)

題目:A Data-Driven Framework for Decision-Making in Transportation Systems

概要:The vast amounts of transportation datasets (traffic flow, incidents, etc.) collected by various federal and state agencies are extremely valuable in 1) real-time decision-making, planning, and management of the transportation systems, and 2) conducting research to develop new policies to enhance the efficacy of the transportation systems. In this talk, I will present our data-driven framework, dubbed TransDec (short for Transportation Decision-Making), which enables real-time integration, visualization, querying, and analysis of dynamic and archived transportation data. I will show that considering the large size of the transportation data, variety of the data (different modalities and resolutions), and frequent changes of the data, implementation of such a scalable system that allows for effective querying and analysis of both archived and real-time data is an intrinsically challenging data management task. Subsequently, I will focus on a route-planning problem where the weights on the road-network edges vary as a function of time due to the variability of traffic congestion. I will show that naïve approaches to address this problem are either inaccurate or slow, motivating the need for new solutions. Consequently, I will discuss our initial approach to this problem and demonstrate its implementation within the TransDec framework.

略歴:Cyrus Shahabi is a Professor and the Director of the Information Laboratory (InfoLAB) at the Computer Science Department and also the Director of the NSF's Integrated Media Systems Center (IMSC) at the University of Southern California. He is also the CTO and co-founder of a USC spin-off, Geosemble Technologies. He received his B.S. in Computer Engineering from Sharif University of Technology in 1989 and then his M.S. and Ph.D. Degrees in Computer Science from the University of Southern California in May 1993 and August 1996, respectively. He authored two books and more than hundred-fifty research papers in the areas of databases, GIS and multimedia. Dr. Shahabi has received funding from several agencies such as NSF, NASA, NIH, DARPA, AFRL, and DHS as well as several industries such as Google, Microsoft, NCR and Chevron. He was an Associate Editor of IEEE Transactions on Parallel and Distributed Systems (TPDS) from 2004 to 2009. He is currently on the editorial board of the VLDB Journal, IEEE Transactions on Knowledge and Data Engineering (TKDE), ACM Computers in Entertainment and Journal of Spatial Information Science. He is the founding chair of IEEE NetDB workshop and also the general co-chair of ACM GIS 2007, 2008 and 2009. He chaired the nomination committee of ACM SIGSPATIAL for the 2011-2014 terms. He regularly serves on the program committee of major conferences such as VLDB, ACM SIGMOD, IEEE ICDE, ACM SIGKDD, and ACM Multimedia. Dr. Shahabi is a recipient of the ACM Distinguished Scientist award in 2009, the 2003 U.S. Presidential Early Career Awards for Scientists and Engineers (PECASE), the NSF CAREER award in 2002, and the 2001 Okawa Foundation Research Grant for Information and Telecommunications. He was an organizer of the 2011 National Academy of Engineering “Japan-America Frontiers of Engineering” program, an invited speaker in the 2010 National Research Council (of the National Academies) Committee on New Research Directions for the National Geospatial-Intelligence Agency, and a participant in the 2005 National Academy of Engineering “Frontiers of Engineering” program.


主なトピック

データベースコア技術

データモデル・データモデリング
問合せ言語
問合せ処理
データ構造・インデックス
DBシステムアーキテクチャ
トランザクション処理・障害回復
ストレージ
性能評価・チューニング
データベース理論
DBシステム開発・運用

各種データベース技術

オブジェクトデータベース
空間・時空間データベース
時制データベース
並列・分散データベース
モバイルデータベース
主記憶・組込みデータベース

応用データ処理

テキストデータ処理・テキストデータベース
画像データベース・マルチメディアデータベース
ストリームデータ処理
時系列データ処理・時系列データベース

ネットワークとデータ工学

P2Pネットワークとデータ工学
センサネットワークとデータ工学
分散コンピューティングとデータ工学
ユビキタスコンピューティングとデータ工学

データマイニング

データマイニング
テキストマイニング
ストリーム・時系列データマイニング
半構造・グラフデータマイニング

XML・RDF・グラフデータ

XML・半構造データ処理
XML情報検索
XML応用
RDFデータ処理
グラフデータ処理

情報マネジメント

Web・Web情報システム

Web情報システム
サーチエンジン・サーチ技術
Webコンテンツ技術
ブログ・ソーシャルネットワーク
クラウドコンピューティング
Webマイニング
ネットワーク科学
セマンティックWeb

情報検索・推薦

情報検索
情報推薦・パーソナライゼーション
情報フィルタリング・情報配信
情報抽出・情報要約

コンテンツ管理・流通

コンテンツ管理・流通
通信放送融合
デジタル図書館・デジタルアーカイブ

情報の統合・管理

情報統合
データウェアハウス・OLAP
情報の品質・信頼性
セキュリティ・プライバシー

ドメイン指向情報マネジメント

地理情報システム
医療情報システム
バイオインフォマティクス
科学データ管理・科学データベース

ビジネス情報マネジメント

Webサービス・サービスコンピューティング
ビジネスプロセス管理・ワークフロー
e-コマース・e-サービス

社会・教育と情報マネジメント

e-ラーニング
電子政府・情報ガバナンス
知財情報管理

HCIと情報マネジメント

HCI・ユーザインタフェース
ウェアラブルコンピューティングと情報マネジメント
情報の可視化・可視化インタフェース

知識・感性情報マネジメント

知識マネジメント
知識表現・オントロジー
感性情報マネジメント